妊娠線を防止する方法

 

 

 

女性にとって妊娠は喜び事ですが、反面、様々な体調変化による不安や悩みもつきものです。特に、初めての妊娠ではわからないことだらけです。
中でも、気になるのが妊娠線についてです。妊娠線とは、お腹の赤ちゃんの成長と共に、腹部が大きくなることで、お腹の表皮は伸びについて行けるのですが、真皮や皮下組織の一部は伸びにくいので亀裂が生じる事で、赤紫色の線状班が現れます。そして、出産後には、赤紫色から、白色に変わり後になって残ることが多いのです。
妊娠中は、お腹が大きいので妊婦さん自らは、見えにくく、出産後にお腹が元の大きさに戻った時点で「しまった」と気づく方もいるでしょう。そうならない為にも、妊娠線を予防するケア用品を、まだお腹が膨らむ初期から、毎日欠かさず塗ることがお勧めです。ベルタのマザークリームは口コミ評価も高く妊婦さんへのサポートも充実していることから人気商品です。
またAFCのストレッチマーククリームと良く比べられたり 比較されたりしています。個人的にはベルタ派でした!

 

 

 

妊娠線をケアする用品は、クリームタイプだけでなく、オイル、ジェル、ローションと豊富にあります。基本的には、乾燥を防ぎ保湿をすることが大事なので、自分の使いやすいタイプのものを使用するのが良いでしょう。また、妊娠中は身体の変化により体質が変わり、いつもは肌トラブルを起こしにくい方でも、敏感になり、肌トラブルをおこしやすい場合があります。ですから、妊娠線防止のケア用品に含まれている成分にも気を付けて、なるべく刺激性がない無添加、無香料のものがお勧めです。
ポイントはお腹まわりだけでなく、全身をくまなく塗っておくことが望ましいです。自分では塗りにくい、背中や太ももの裏などは、旦那さんに塗ってもらうよ良いでしょう。

 

 

 

また、妊娠線ができる原因として、安定期に入り、つわりがおさまることで食欲が増進し、急激な体重増加によりできやすいとも言われていますので、いつも以上に体重管理には気を付けましょう。

 

さらに、妊娠中は、いつもとは違う自分にストレスを感じやすい時期でもあるので、妊娠線を予防するクリームなどを塗る時には、お気に入りのアロマと混ぜて香りでリラックスするのもお勧めです。

妊娠線が正中線のみで終わった私の対策

 

お臍の上下にある一本の正中線のみ、今もよく見るとあるのがわかる程度です。
私は、妊娠前から、妊娠線ができるとなかなか消えないと知っていたので、予防のために色々と調べました。
妊娠によって、お腹が急激に大きくなること、そして、肌の再生力が弱くなることが主な原因のようですので、そこに注意しました。

 

とりあえず、急激にお腹が大きくならないようにするため、体重管理をしっかりしました。適度な運動をしつつ、食事もバランスに気をつけてあまり食べ過ぎないようにしていました。もとから、私は小柄で痩せているためにもともとの皮膚面積が狭いため、普通の人よりもお腹の皮膚は引き伸ばされてしまうので、妊娠線はできやすいようでした。だから、痩せているからと安心せずに、周りに惑わされずあまり食べ過ぎないことにしたのです。痩せ気味な妊婦だと、食べろ食べろと周りはうるさいですから。それでも、最終的にはプラス10Kgまで増やしたので少しは妊娠線が出来たようです。体重増加を8Kgくらいまでに抑えられると、妊娠線はできない人が多いようです。
 
 

 

あとは、やはり保湿ケアを徹底して続けていました。市販されている妊娠線予防クリームもたっぷり使っていました。乾燥した肌だと、肌表面が既にひび割れができている状態なわけです。皮膚は伸びにくい状態ですから、脂性肌の人よりも、妊娠線はできやすいのです。お風呂上がりの保湿だけでなく、朝起きてすぐもマッサージをしながら保湿成分をお腹の皮膚にしっかり与えました。お腹はいつから急激に引き伸ばされるか、つまり大きくなるかは自分でもわからないため、お腹が全く目立たない妊娠初期から常に、潤いのある柔らかい柔軟な皮膚を目指してこまめにケアしていました。

 

皮下脂肪は伸びにくく、妊娠線をつくりやすいので、毎日よく歩いてたのも脂肪がつきにくくする適度な運動となったようで良かったです。